小麦粉で美味しくエネルギー補給

小麦粉は世界中でどんな料理にも使える万能食材として愛用され、主食のパンや麺、様々な料理、お菓子作りにも欠かせない存在です。作る料理によって使用される小麦粉の名前や種類が変わりますが、小麦から作られていることに違いはなく、粒の硬さや含まれるたんぱく質の量によって区別されています。たんぱく質を多く含み、粒が固いものは強力粉と呼ばれ、主にパンを焼くために使用されることが多いです。それよりは柔らかく、たんぱく質も少ないものは中力粉、さらに粒が柔らかくてたんぱく質の少ないものが薄力粉と区別されています。薄力粉はきめこまかい粒で天ぷらやお菓子作りに向いている小麦粉です。

肉、魚、乳製品、野菜や果物とどんな素材にも合い、調理法も自由自在な小麦粉ですが、小麦粉自体が料理の主役になることはほとんどありません。しかし、小麦粉にもきちんと栄養があり、食べた人のエネルギーになってくれる優秀な食材なのです。

まず、小麦に含まれる栄養としては人の生命維持、活動するエネルギーとして必要な炭水化物、デンプンが豊富です。また、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維も含まれているため、整腸作用が期待できるでしょう。様々なビタミンを含んでいる中でもビタミンB群が多いため、疲労回復に効果があるとも言われています。ただし、小麦に含まれる植物性たんぱく質には必須アミノ酸が不足しているため、卵、乳製品など他の食品と一緒に食べるとより効率良く栄養を摂れるでしょう。

小麦粉と卵、乳製品の組み合わせといえば、カリっと焼けたトーストに半熟のハムエッグ、湯がきたての釜玉うどん、濃厚なカルボナーラスパゲッティなど、想像するだけでお腹が減ってきそうな美味しい料理が浮かぶかもしれません。しかし、そこであえて卵たっぷりの焼き立てパンケーキにバターという組み合わせはいかがでしょう。

人気店「幸せのパンケーキ」では、良質な小麦粉を使用したふわふわの甘いパンケーキが食べられます。また、普通の小麦粉よりも栄養価が高い、小麦の粒全体を挽いた全粒粉を使用して焼き上げるしっかりした食事系パンケーキは野菜やオムレツとも相性抜群の美味しさです。パンやパスタだとあまり沢山食べられない人も、焼き立ての美味しいパンケーキなら思わずぺろりと食べてしまうのではないでしょうか。同じ栄養を摂るなら、美味しく楽しく食べられる料理を選びたいものです。